競争が激化!?弁護士がこの先生きのこるためには

競争が激化した時に採る2種類の方法

弁護士の数が増えてから10年以上が経過しますが、弁護士の人数が増えたことメリットを感じる弁護士とメリットを感じないどころがデメリットをだと感じる人がいます。そして、圧倒的に後者の方が多いのですね。弁護士が増えてた割には事件や法律問題が増えたわけではなく逆に事件や法律問題は減少しているのです。そのため競争率が増え、生き残りをかけた弁護士たちが何とか生き残ろうと必死です。生き残るためには費用を安くする方法と、ブランド化する方法があります。

相談料は無料です。ついでに着手金も無料です。

弁護士の中には、ほかの弁護士に勝とうと価格競争に突入する人も少なくありません。価格競争とは少し前の牛丼屋同士で安くする競争をしていたのと同じ、弁護士も費用をできるだけ安くして、相談しやすくする方法です。本来であれば相談料は30分5000円程度ですが、相談料を無料にして敷居を低くすることに務めている弁護士もいます。それに加えて着手金すら無料にしてしまう弁護士もいます。敷居がずいぶん低くなりましたが、この問題点としては価格競争の結果ジリ貧になってしまう可能性があることです。

ブランディングする弁護士

価格競争に突入する弁護士がいるのに対して、全く逆にブランド化をしてできるだけ多くのお金を得ようとする弁護士もわずかにいます。ブランド化としては、よくテレビに出ている弁護士などがその例です。最近はバライティー番組まで出演している弁護士もおり、もはやどれが本業かわからなくなってしまっているのです。ですが、全国的に有名になればまず顧客がいないことで悩むことはありません。むしろ依頼が多すぎて困ってしまうかもしれませんね。ただ、ブランド化をするのはそう容易いことではなく、それなりの時間と能力が必要なのです。

鹿児島の弁護士は実績が豊富な人材が揃っているので、迅速な対応によって問題も解決に導くことが可能になっています。