自分の家にとって最適な火災保険選びのポイント

自分の建物の状態をきちんと知ろう

火災保険に加入する場合には、できるだけ保険料は安く抑えたいのは当然ですよね。不必要に高い金額を支払っていたら、その支払い自体が大きな負担となってしまう場合も多いんですよ。建物の種類によって、保険料を抑える事が出来る場合とそうでない場合があるので、調べておく事が大事でしょう。例えば、コンクリートで造られているマンション等は耐火性能に優れていますので、保険料を安く抑える事が出来るのに対し、木造の家は耐火性能が低いので保険料がやや高く傾向にあるんですよ。

保険料を安くするためのポイントとは

備えておくと安心することができる火災保険ですが、その料金から敬遠してしまう人も多いでしょう。しかし、何も対策を取っていなければ、万が一地震や火災が起きて家を失ってしまった時に行き場が無くなってしまいますね。そこで、料金面に不安がある方は契約期間の見直しをしてみる事が得策ですよ。保険料は長い期間の契約であればあるほど安くなる傾向にありますので、ローンの支払いが終わるまでの保険契約を最初から行っておけばお得ですね。

家族構成が変わったら保険内容も変更しよう

火災保険の料金プランでは、建物の規模や建築の形式によって月々の掛け金が大きく異なります。他にも、保険料を算定するための重要な要素として家族構成がどのようになっているかが重要なんですよ。例えば、大家族で一つの家に住んでいる場合と単身で住んでいる場合では、当然毎月かかる火災保険の金額も変わってくるでしょう。お得に火災保険を利用したいなら、家族構成が変化したその直後から料金プランを改定するとムダが減らせますよ。

2015年10月以降は料率改訂のため、割引率の大きい火災保険の10年超の長期契約ができなくなります。